違う視点でみる国際政治・経済・社会情勢

国際政治・経済・社会情勢を分析する目的です。 とりわけ、安全保障に関心があります。

所属学会

戦略研究学会/冷戦研究会/RIPS

論文

・的場貴彦「1970年代の日本の対中・対ソ外交ー日本の戦略文化とスマート・パワー」『Aoyama Journal of International Studies』、平成30年、第5号、青山学院大学国際政治経済学会

・的場貴彦(平成29年)「1970年代の極東での日ソの影響力の変容ー戦略文化とスマート・パワーー」青山学院大学大学院修士論文(未公刊)

・的場貴彦(平成28年)「イラク戦争の分析ークラウゼヴィッツの理論と英国の対反乱ドクトリンからー」青山学院大学院国際政治経済学研究科ゼミ論文(未公刊)

・的場貴彦(平成26年)「太平洋戦争―日米の戦略とその検討―」中央大学法学部卒業ゼミ論文(未公刊)

・的場貴彦「日米同盟と日本の安全保障戦略―現状と課題」『世界と日本』、平成24年、第52号、中央大学国際関係研究会

その他
研究費10万円支給(2017年)
奨学金10万円支給(2017年)
いずれも青山学院大学より

人間戦争は我々が軍事力を行使する目的はもっと複雑であまり戦略的でないものに変わりつつある。国家間戦争の特徴が戦略的勝利だとすれば、人間戦争は条件を整えることといえる。この傾向は、まず第一に戦略的軍事的目的を達成する方法と手段いずれかにおいて国家間戦争と …

↑このページのトップヘ